Home » STONEインフォ

【第5回勉強会告知】12月7日(土)@新宿 タイ・ラオス・ミャンマーの麻薬三角地帯の抱える問題

 2013年11月27日

こんにちは、STONEあべです。
これまではweb上での情報発信をメインの活動とし、サブの活動として勉強会を開催しておりましたが、今後STONEは自主勉強ゼミ/ラボという立場で活動をしていきたいと考えております。
そこで、web上での情報発信メインの活動から、オフラインでの勉強会を主体とした活動に切り替えることにしました。そしてこの度、勉強会再開第一弾(通算5回目)として12月7日に新宿にて、少人数制の勉強会を開催することをお知らせ致します。

テーマは「黄金の三角地帯を巡る各国の思惑」です。

黄金の三角地帯とはタイ・ミャンマー・ラオスの国境地帯を意味し、かつては麻薬の一大生産地として隆盛を極めました。タイ側では取締り強化の成果でケシの生産は減少傾向にありますが現在でもミャンマー・ラオス側では農家の主要な生産物としての地位を保っています。

勉強会では
・かつての麻薬王クン・サがいかにして<王国>を築き上げたのか
・麻薬栽培からどうして抜け出したのか、抜け出せなかったのか
・タイとミャンマー・ラオスを隔てたきっかけは何だったのか
・麻薬栽培をやめた農民の暮らしはどうなっているのか
など

    「どんな問題があって、どう解決しようとして、その結果何が予期せぬ課題となっているのか」

を取り上げます。また近年では中国の資本流入により経済特区が出現し、道路建設も進んでいます。日本も物流ルートとして重要なこの地域への進出の機会をうかがい水面下で日中両国は激しい駆け引きを演じています。

日時:12月7日(土)15:00~17:00
場所:タリーズ新宿NSビルアネックス店(東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル1F)
規模:10名程度


必要な資料はすべてSTONEで準備します。事前課題もありません。
黄金の三角地帯をご存じの方もそうでない方も大歓迎!ぜひご参加ください!

お申し込みは下記フォームに必要事項を記入のうえ送信してください。
質問欄への記入は必須ではありません。
何かご質問やコメント等がある場合にご利用ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

所属大学・企業

ご質問


なお、頂いた個人情報は勉強会以外の目的には使用いたしません。
みなさんからのご連絡お待ちしております!


人気記事


Add Twitter!

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

Additional comments powered by BackType






協力:gakuvo
STONE イベント
   STONE ブログ
団体概要
   STONE Twitter
STONE お問合せ
HIKEGRAPH HIKEGRAPH


stone logo