Home » 国際協力

支援の落とし穴①―汚職

 2011年2月3日


みなさんは、国際協力、つまり対途上国支援に負の側面があることを御存じでしたか?

私が、はじめて途上国や貧困というものに興味を持った時、「もっと支援をしなくては。」、「私にできる支援はなんだろう。」という熱い気持ちが先走りました。

そのときは、国際協力の負の側面のことなど少しも頭になかったので、そのような事実を知ったときには非常に驚かされました。

今では、こういった側面を知ることは、国際協力の分野に関わっていく上で、とても大事なことだと思っています。


STONEの背景にもなっている、国際協力が支援を受ける側に与える影響や、その負の側面等について、主に英語で書かれたソースを元に、このブログを通して情報発信していこうと思っています。国際協力の分野に関わるみなさんには、絶対に知っていてほしい内容ばかりです。

今後、皆様の活動に役立てていただければ幸いです。



今回は、「支援の落とし穴」ということで、良かれと思ってやった支援が無駄に終わってしまった例のひとつとして、「汚職」について紹介します。(Wall Street Journal の記事 “Why Foreign Aid is Hurting Africa(なぜ支援はアフリカを傷つけているか)” から一部和訳引用しています。)

このような例はいくつもありますので、今後のブログでもどんどん紹介していきますね!


支援は汚職の一要因

おそらく、対外支援(とりわけ対アフリカ支援)の批判として最もよく挙げられるのが、「支援が汚職を助長してしまっている」ということです。

支援のために送られる大量のお金が、その国の大統領や政府の人間が私腹を肥やすために、使われてしまっているのです。

charity_corruptionrron147l


支援のための数百万ドルを私的利用する国の官僚たち

African Unionによれば、アフリカの国々の、2002年1年間での汚職による損失額は15億ドルにまでのぼったそうです。

たとえば、2009年にマラウイの前大統領であるBakili Muluziは、1200万ドルもの支援金を横領した罪に問われました。

bakili-muluzi
Bakili Muluzi

また、ザンビアの前大統領Frederick Chilubaは、医療や教育・インフラのために使われる予定だった数百万ドルものお金を個人のために使ったとして刑務所に入れられているそうです。

Par1297451
Frederick Chiluba

このような例は枚挙に暇がありません。


大量の支援金が政府を怠惰にする!?

支援のお金が流れ込めば流れ込むほど、政府は国事に対して怠惰になります。市民から税を上げる必要もありませんし、不満を持った彼らに対して責任を負う必要もありません。
インセンティブの無い援助の世界ですから、政府がわざわざ他の開発資金源を求めて取り越し苦労する必要もありません。

極端な話、困ったときには、資金援助をしてくれる外国の人々に連絡して、「援助してくれ」と頼めば良いというわけです。

アフリカでは国の70%ものお金が外国から来ているという状態も珍しくないようです。

aid_corruption

国の発展のために汚職のない透明な政府は必須です。しかし、国のシステム自体が官僚をえこひいきしてしまうシステムになっていることも少なくなく、支援のために送られたお金は政府によっていかようにも使われてしまうのです。しかし、それでも資金は送られ続けています。

支援金が、政府が私腹を肥やすために使われてしまえば、当然、市民はほとんどその支援の恩恵を受けることはできません。


資金提供側は、このような事態を予測していたでしょうか。

国の発展のため、貧しい人を助けるために送られたお金が、汚職に使われてしまうとなれば、それを避けるためにはどうしたら良いでしょうか?

ひとつには、お金の使い道をきっかり定め、その使われ方をじっと監視するというやり方が考えられます。これはもちろんすでに行われていることです。しかし、ここにも「外国が途上国のガバナンスを実質支配する形になってしまい、良くない」という批判があります。


最後に

このように、さまざまな見解があるなかで、私たち国際協力に関わる人間は、「どれが本当に最善か」を常に考え模索し続けなければならないと思います。これは今回の問題に関わらず言えることです。

これからもSTONEのブログを、国際協力について考えるきっかけとして使ってくれればと思います!


参考・引用

Dambisa, Moyo. (2009). Why Foreign aid is hurting Africa. WALL STREET JOURNAL. Retrieved from http://online.wsj.com/article/SB123758895999200083.html



人気記事


Add Twitter!

One Comment »

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

Additional comments powered by BackType






協力:gakuvo
STONE イベント
   STONE ブログ
団体概要
   STONE Twitter
STONE お問合せ
HIKEGRAPH HIKEGRAPH


stone logo