Home » バイオテクノロジー, 農業

アフリカにおける食糧事情①-遺伝子組み換え作物

 2011年5月16日

14560406

みなさん、遺伝子組換作物ってご存知ですよね?
日本ではもう遠い昔に話題となった遺伝子組み換え作物ですが、今現在日本では基本的に生産禁止とされているものの、世界各国でトウモロコシや大豆、コットンなどにおいて遺伝子組換技術は利用されており、食糧自給率の低い日本市場にも少なからず入ってきていると思われます。

そして実は昨今、この遺伝子組換作物がジワジワとアフリカに進出しているのだとか!
ということで、これからアフリカでの遺伝子組換作物事情について少しずつ調べながら記事をまとめていきます。※今回はGM on the rise in Africa*1 をベースにしています。


なぜアフリカで遺伝子組み換え作物なのか

そもそもなぜアフリカで遺伝子組み換え作物が導入されつつあるのでしょうか。
お分かりの方も多いかと思いますが、人口増加のスピードが食料生産量増加のスピードよりも早く、焦っているからだそうです。*2

ちなみに、アフリカの人口は1982年ー2009年の間に2倍、1955年ー2009年の間に4倍に増加している計算となり、10億人を突破しています。*3

アフリカの遺伝子組み換え作物導入

他の国より遅れていながらも、アフリカは遺伝子組み換え技術の採用を検討しており、遺伝子組み換え作物の健康と環境に対する影響や作物輸出に対する影響に気を配り始めています。同時に価格の高い遺伝子組み換え作物は小さな農家にとってやりくりが難しいといったアフリカ特有のデメリットも考えているようです。
昨今は、「アフリカのいくつかの国々でバイオテクノロジーテストに対するサポートは増えている」とAfrican Biosafety Network of ExpertiseのディレクターであるDrian Mankindeは言います。

アフリカで遺伝子組み換え作物を導入している国

2444535728_364cec90a4 ①南アフリカ
②エジプト
③ブルキナファソ

ICT企業と同様に、遺伝子組み換え作物生産に関しても南アフリカが先駆的な国で、アフリカで初めて遺伝子組み換え作物を導入しました。当時生産していたのはトウモロコシ、コットン、大豆でした。

その後の2008年に、エジプトが遺伝子組み換えトウモロコシ、ブルキナファソが遺伝子組み換えコットンの生産を始めます。今日では、ガーナ、ケニア、マラウイ、マリ、ナイジェリア、タンザニア、ウガンダ、ジンバブエにおいて、導入まではいかないまでも遺伝子組み換えトウモロコシ、米、小麦、ソルガム、コットンのフィールドサーベイが行われているそうです。

そしてこれらの国の中でも、ケニアが今年、生物安全規制成立後の遺伝子組み換え作物のトライアル実施を見据えており、この分野をリードしていくかもしれないと言われています。今年の5月に規制のドラフト版がでると見られているとのこと。

「ケニアは遺伝子組み換え作物の生産を始めるでしょう。ケニアが遺伝子組換え作物生産が許される4番目の国になるのは確実です。」とAfrica Biotechnologyの代理ディレクターであるFelix Mmboyiは言っています。

ケニアのほか、マラウイ、モーリシャス共和国、南アフリカ、ジンバブエのような国々も生物安全規制を制定し、遺伝子組換え導入の障壁を取り除いてきています。ほかのほとんどのアフリカの政府もガイドラインと規制の制定のための準備にとりかかっているそうです。

しかしながら、ある23の国々では、仮に事件が起きた場合に失敗を立証することなく事件の責任を遺伝子組み換え作物に転嫁するような、厳しい法的責任条項を伴った生物安全規制となっています。「少しでも訴訟される可能性がある国のプライベートセクターは決して投資しないだろう。これはバイオテックディベロッパーにとっては魅力的な地域ではない」とMankindeは言います。

最後に

こうやって調べてみると、アフリカにも着実にテクノロジーが根付いていることがわかりますね!
ぼくは調べだしてからアフリカに行きたい気持ちが止まりません。

が、これだけで終わらないのがSTONEの理念。
次回の記事では「食糧問題解決がテクノロジーだけで解決するのか?」について
書いていきます。

参考

*1 GM on the rise in Africa
*2 Africa urged to ban food production for bio fuel
*3 Demographics of Africa




人気記事


Add Twitter!

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

Additional comments powered by BackType






協力:gakuvo
STONE イベント
   STONE ブログ
団体概要
   STONE Twitter
STONE お問合せ
HIKEGRAPH HIKEGRAPH


stone logo